ジャニーズ性被害問題で自殺した男性の悲劇

【元ジャニーズ】「お金儲け」「嘘つき」ネット上で誹謗中傷も…“当事者の会”男性死亡「本当にごめんね」家族に遺した手紙【報道特集】(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース

ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏からの性被害を訴えていた男性が、先月、自殺したことが明らかになりました。この男性は、ジャニーズ性加害問題当事者の会に所属しており、今年5月に事務所に電話で被害を告げたものの、事務所からの連絡は一切なかったというのです。また、ネット上での誹謗中傷にも耐えられなくなり、家族に遺書を残して自ら命を絶ったとのことです。

この記事では、この男性の遺族や関係者のコメントや、ジャニーズ事務所の対応などを紹介します。また、ジャニーズ性被害問題に関する最新の情報や、被害者への支援や対策についても触れていきます。

記事の要約:

  • ジャニーズ性被害問題で自殺した男性の背景:40代の男性は、ジャニー喜多川氏から性被害を受けたと主張していた。事務所に被害を訴えたが、救済委員会からの連絡は不十分だった。ネット上での誹謗中傷にも苦しみ、自殺を決意した。
  • 遺族や関係者のコメント:遺族は、事務所の対応やネット上での誹謗中傷が男性の死の原因だと考えている。男性の彼女は、男性が亡くなる直前に電話で話をしていたという。当事者の会の代表は、男性の死を悼み、事務所に対して真摯な対応を求めた。
  • ジャニーズ事務所の対応:事務所は、被害者への連絡は救済委員会に委ねていると説明した。また、被害者への誹謗中傷については、お願いするなどの対策を取っているとした。今後は、法的に対応できないか検討しているという。
  • ジャニーズ性被害問題の現状と支援:ジャニーズ性被害問題は、昨年末に週刊文春が報じて以来、多くの被害者や告発者が名乗り出ている。しかし、事務所の対応は遅々として進まず、被害者は孤立や苦悩に陥っている。そんな中、被害者の支援や誹謗中傷の対策に取り組む団体や個人も存在する。被害者の声に耳を傾け、正義と真実を求める活動を続けているのだ。